お 願 い
当店のご利用は20歳以上の方に
限らせていただきます。
はい
いいえ
   

新入荷ワイン・在庫ワイン Nouveautés et Carte des Vins

2016
Bâtard-Montrachet, Grand Cru,
Domaine Leflaive
バタール モンラッシェ
ドメーヌ ルフレーヴ

  • Stock:OK

ルフレーヴはピュリニーとシャサーニュの双方にバタールを所有。1.91haはバタール最大の所有面積であり、他には1haを越える所有者すらいません。par Domaine Leflaive

「ピュリニー・シャサーニュに2区画ずつ、計4区画。香りはビアンヴニュ・バタール・モンラッシェとほぼ同じだが、味わいはより骨太で、果実味はより自然にフィニッシュまで続く。」Tasted: October 2017. 94-96/100点 par Jasper Morris

最も人気のある白ワインの1つであバタール・モンラッシェ。
バタール・モンラッシェは、モンラッシェの丘のふもとにあるグラン・クリュの畑で、シャサーニュとピュリニー・モンラッシェのコミューンにまたがっています。モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェのグラン・クリュと並んで、バタール・モンラッシェはシャルドネ品種にとって世界最高のテロワールのひとつとされ、複雑で骨格のしっかりした、熟成能力の高いワインを生み出すのです。


ピュリニー・モンラッシェのグラン・クリュは、村の南端に位置し(逆にシャサーニュは北に位置する)、丘の中腹にあります。バタール・モンラッシェは、グラン・クリュの斜面の最も低い部分に11.97haの大きさを所有します。

バタール・モンラッシェの上にはル・モンラッシェがあり、シュヴァリエ・モンラッシェはさらに高い丘の上にある。小さなビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの畑はクリマの北東の一角を占め、クリオ・バタール・モンラッシェの畑は南端にあり、完全にシャサーニュ・モンラッシェの中にあります。


バタール・モンラッシェは丘の麓に位置するため、土壌は他のグラン・クリュよりも深い。バタール・モンラッシェの小石混じりの石灰岩土壌は、粘土質の割合が高いため、水はけは丘の上の方ほど良くない。

しかし、この土壌はブドウの木の根と下の石灰岩との接触を可能にし、健康で丈夫なブドウの木を育てると同時に、バタール・モンラッシェのワインに見られる微妙なミネラルの特徴を生み出している。

この石灰岩土壌はさらに、バタール・モンラッシェの中気候の一因ともなっており、ブドウの樹のキャノピー(ぶどうの樹の土から上の部分”枝、茎、幹、葉、果実”)に光を反射させ、成熟プロセスを助けているのです。


バタール・モンラッシェは緩やかな傾斜を持ち、ブドウ畑が東に面しているため、ブドウの木に朝日が当たり、土壌を温める効果があります。温暖な中気候は、ブルゴーニュの冷涼な大陸性気候において重要であり、ブドウがフェノールの完熟に達するのを助けるわけです。


バタール・モンラッシェの名前は、この地域の多くの名前と同様、相続の過程に由来すると言われています。モンラッシェの丘の南東斜面にあるブドウ畑は、地元の領主であるピュリニー伯爵によって、長男のシュヴァリエ、娘たちのピュセル(女中)、隠し子の「バタール」(フランス語で私生児の意味)に分割されたと考えられています。

Back to main page