お 願 い
当店のご利用は20歳以上の方に
限らせていただきます。
はい
いいえ
   

新入荷ワイン・在庫ワイン Nouveautés et Carte des Vins

2014
Clos de la Roche, Grand Cru
Domaine Dujac
クロ ド ラ ロシュ グラン クリュ
ドメーヌ デュジャック

  • Stock:1

¥82,500

*評価*

「気品ある香りと果実味が調和した優しいワイン。口当たりはこの可愛らしくピュアな果実に加え、しっかりとした骨格と繊細でエレガントなタンニンが支えています。」97/100点 par Guide vert 2017

「リッチで濃厚な赤、引き締まった凝縮した果実味、全房を使った生き生きとした味わい。凝縮したブドウの果実味が口いっぱいに広がり、余韻は非常に長い。樽との一体感が素晴らしい。とても魅惑的なワイン。Tasted: September 2017」97/100点 par Jasper Morris (Inside Burgundy)

*ドメーヌ・デュジャックとは*

MVF2024 2ツ星生産者。
ドメーヌ・デュジャックは、偉大なブルゴーニュのビジョンを体現しています。若いワインではタンニンが植物的でやや硬質な印象を与えますが、全房のブドウはピノ独特のアロマティックなフィネスを引き出します。長期熟成(20年以上)させることで、ワイン造りのアプローチが十分に発揮され、しばしば崇高な第三のブーケが現れます。素晴らしい畑を持つこのドメーヌは、2005年にマルコンソール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、シャンベルタン、2014年にはピュリニー・モンラッシェの銘醸畑を新たに取得しました。

多くの成功したドメーヌが需要に追いつけない事を知っていた彼は、ブドウを購入するための小さなネゴシアンを立ち上げることにしました。ドメーヌ・デュジャックの素晴らしいワインに加えて、彼は現在、デュジャック・フィス・エ・ペールからもワインを供給しています。ジェレミー・セイスと、醸造学者である妻のディアナ、そして弟のアレックが、現在しっかりと舵取りをしています。

2022年に完成した新しい醸造所は、より精密な醸造を可能にしました。 par Domaine Dujac

*クロ・ド・ラ・ロシュとは*

クロ・ド・ラ・ロッシュは、モレ・サン・ドニの4つのグラン・クリュの中で最も北に位置する畑です。コート・ドールの断崖の斜面、ルート・デ・グランクリュ(D122号線)の上に位置し、畑は16.9haあり、南のクロ・サン・ドニの2倍以上の大きさです。

クロ・ド・ラ・ロッシュは、モレ・サン・ドニ村で最も良い気候の畑のひとつとされ、チェリーとトリュフの特徴を持つ、ふくよかで骨格のあるワインを造っています。

クロ・ド・ラ・ロッシュの畑(クリマ)は、村の中心から500mほど北に位置し、面積はわずか4.5ha。1936年にこの畑に関するアペラシオンの格付けが制定された際、近隣の6つのクリマ(またはクリマの一部)を含めることが決定されました。(それらを合わせて16.9ha)

クロ・ド・ラ・ロッシュを構成する6つの畑のうち、レ・シャビオ(モレ村の北端に接する)、レ・フルミエール、レ・フロショ、レ・モシャンは、すべてグラン・クリュの畑です。

残りの2つは畑の西側にあり、クロ・ド・ラ・ロッシュの周辺ではグラン・クリュ、コート・ドールの斜面上部ではプルミエ・クリュとされています。これらは レ・ジュヌヴリエールとモン・リュイザン。

このクロ・ド・ラ・ロッシュの拡大により、コート・ドールのグラン・クリュとしては、コルトン、クロ・ド・ヴージョ、エシェゾー、そして北に隣接するシャルム・シャンベルタンに勝るとも劣らない、大規模な畑のひとつとなりました。

クロ・ド・ラ・ロッシュのテロワールは石灰岩が主体で、斜面下部はジュラ紀中期のバジョシアン泥灰岩に覆われ、西側の急斜面はバトニアン泥灰岩に覆われています。深さ数十センチから1メートルほどの薄い表土は、固い石灰岩の下層土の上に小石混じりの石灰岩と粘土で構成されています。

これが東向きの緩やかな傾斜と相まって、水はけがよく、朝日と真昼の日差しがよく当たります。その結果、健康で力強いブドウの木が育ち、凝縮感のある高品質な果実を実らせます。

ほとんどのブルゴーニュの村がそうであるように、モレ・サン・ドニの畑の名前はすべて歴史や宗教にちなんだものばかりです。クロ・ド・ラ・ロッシュも例外ではありませんが、その起源はクロ・ド・タールやクロ・サン・ドニよりもずっと古いものです。

キリスト教がフランス東部に到達する前の時代、問題の “ロッシュ”(岩)は、地元のドルイドが儀式の生贄に使ったと伝えられています。この民間伝承が正確かどうかは定かではありませんが、より信憑性が高いのは、畑の石が多い土壌にちなんでこの名前が付けられたという説です。

この名称の由来となった「Clos」(葡萄畑を囲む壁)は、とうの昔に消失しています。

*ワインを休ませるために*

札幌市南区、藻岩下。
藻岩山麓にあるワインショップPetite-Foret(プティット フォレ)。
私たちのセラーでは、太陽光(紫外線・可視光線・赤外線)・振動・強制対流・乾燥・温度変化(高温)・異臭・塩素・青かび等々、ワインにとって害あるものを可能な限り排除しております。

また、洞窟を模した暗闇のセラーの中で休んでいるワインたちが、当店を旅立つその日までセラー・マスター以外の人の手に触れることはありません。どうぞ安心してワインをお選びください。詳しくはこちら

Back to main page